2018年9月19日 (水)

マレーシア旅行 二日目その6(プラナカン・マンション)

ペナン島一日観光の最後を飾るのは、プラナカン・マンション(博物館)です。

こちらの建物は、19世紀末に建てられました。

Dscn2288  

 

旅行中は雨季と重なり、一日に1,2時間のスコールに遭遇します。

ガイドさんはこのスコールを予測し、

天気の崩れないうちに屋外の観光を済ませ、

最後に屋内の観光地をスケジュールしたようです。

実際にものすごい雨が降り、見学が終わる頃には止みました。

 

さて、プラナカンとは?

15世紀後半から移住してきた中国系男性とマレー系女性の子孫のことです。

男性はババ、女性はニョニャと呼ばれ、

中国、マレー、そして西洋の香り漂う独自の文化をプラナカン文化といいます。

 

その生活ぶりはとても華麗でした!相当お金持ちだったのでしょうねぇ・・・。

博物館では当時の調度品などを見学しました。

 

ニョニャとババの写真も拝見。

Dscn2258  

 

西洋と東洋が混ざった感じがします。

Dscn2259  

Dscn2261  

 

丸テーブルではなく、西洋風に長いテーブルと洋食器を使っています。

Dscn2264  

Dscn2267  

 

Dscn2272  

 

おしゃれな台所♪

Dscn2278  

Dscn2280  

Dscn2284  

 

この他、ニョニャが作ったビーズの刺繍なども展示されていました。

 

文化ってこうやって作られていくんだなぁ・・・という驚きとともに、

強く印象に残った博物館でした。

 

バトゥ・フェリンギのホテルに戻り、ペナン島一日観光は終了です。

寺院や水の上の家など、効率よく見て周ることができました。

サバサバテキパキしたガイドさんに感謝です☆

 

(次は、再び屋台へ)

| | コメント (0)

2018年9月17日 (月)

マレーシア旅行 ★目次★

マレーシア旅行の目次を作りました。どうぞご利用ください。

(目次にコメント欄はありませんが、日記へのコメントは大歓迎です☆)

 

一日目その1(クアラルンプール経由、ペナンへ) ☆マレーシアの地図☆

一日目その2(多言語の国の屋台)

 

二日目その1(タイ式寺院、ビルマ式寺院)

二日目その2(トライショー) ☆ペナン島の地図☆

二日目その3(クーコンシー)

二日目その4(マハ・マリアマン寺院、観音寺、セント・ジョージ教会)

二日目その5(コーンウォリス要塞、姓周橋、飲茶)

二日目その6(プラナカン・マンション)

 

 

|

マレーシア旅行 二日目その5(コーンウォリス要塞、姓周橋、飲茶)

海に面したジョージタウンには、

イギリス人によって建造された要塞が残っています。

 

Dscn2233  

この海を見て180度振り返ると・・・。

 

重厚な造りの要塞がありました。

Dscn2229  

 

大砲

Dscn2231  

要塞の中にも入れますが、このツアーでは外観のみ見学しました。

 

続いての訪問地は、橋です。

海の上に作られた橋の両側に家が建っています。

そして、住人の名字は、なんと全員周さん!

Dscn2237  

 

観光客が多くなったため、橋の両側に土産物屋さんもあります。

橋の細さはイメージできるでしょうか?

奥の方にはNO PHOTOという看板を下げた民家もありました。

Dscn2238  

Dscn2239_2  

 

本当に海の上なのか?と思いながら、

人混みをかき分けて歩くと、この風景に出合います。

Dscn2242  

 

左側の茶色い家の下にご注目ください。やはり、海の上ですね。

Dscn2243  

ガイドさんのテキパキとした案内で、細い橋を興味深く体験できました。

 

昼食は飲茶。蒸し物でほっと一息です。

Dscn2256  

お店の方たちの話すことがなんとなーーく分かったので、

北京語を話していたのかもしれません。

 

(次は、プラナカン・マンション)

| | コメント (0)

2018年9月15日 (土)

マレーシア旅行 二日目その4(マハ・マリアマン寺院、観音寺、セント・ジョージ教会)

ペナン島には国教イスラム教のモスクの他にも

様々な宗教の寺院、教会が密集して建っています。

 

ヒンドゥー教 マハ・マリアマン寺院

Dscn2209  

Dscn2213_r1  

靴を脱いで入りました。ここはガイドさんが一緒で安心。

やはり宗教施設で観光客が失礼なことをしたらいけませんからね・・・。

 

内部の撮影は不可でしたが、ここのみ写真を撮ることができました。

Dscn2214  

 

 

近くの観音寺。

中国の道教のお寺だそうです。中も参拝者でにぎわっていました。

Dscn2215_2  

Dscn2217  

商売繁盛をお願いしておきました。

 

 

近くのセント・ジョージ教会

Dscn2227  

2019年に200周年を迎えるイギリス系の教会です。

白がとてもきれいでした。

Dscn2220  

Dscn2219  

 

お互いを尊重しながら、必要以上に踏み込まない。

そんな印象を受ける寺院、教会巡りでした。

 

(次は、コーンウォリス要塞、姓周橋、飲茶)

| | コメント (0)

2018年9月14日 (金)

マレーシア旅行 二日目その3(クーコンシー)

トライショーで連れてきてもらったのは、クーコンシー(邸公司)です。

車で先回りしていたガイドさんと再び合流。

 

福建省出身の邸(クー)氏一族が作った寺院で、集会なども行われたそうです。

 

屋根の上の飾りがすごいとしかいいようがありません。

Dscn2206  

 

アップにしました。・・・こ、細かい!

Dscn22052  

 

階段を昇って見上げると、屋根の裏側にも素晴らしい飾り付けが見えました。

Dscn2193  

 

内部も撮影OK。

Dscn2197  

 

三国志が好きな方には必見の彫り物です。

諸葛孔明などが刻まれています。

Dscn2201_r1  

他にも手の込んだ石の彫刻が多数ありました。

 

ところで、マレーシアには台風地震もないのだそうです。

このような寺院を見ると、すごーーーく納得できます。

 

(次は、マハ・マリアマン寺院、観音寺、セント・ジョージ教会)

| | コメント (2)

«マレーシア旅行 二日目その2(トライショー)