2017年12月14日 (木)

初名古屋旅☆二日目その1(モーニング、トヨタ産業技術記念館)

二日目は一人で観光、夜は予備校時代の友人と飲みました。

 

名古屋といえば、モーニング。 初めての体験です!

Dscn0981  

コメダ珈琲店にて、

小倉あんトースト、ゆで玉子、コールスローサラダをいただきました。

コーヒーを頼むと、トーストがついてきて、あんも選べます。

私は面白い組み合わせの小倉あんにしました。

コクがあっておいしいし、追加で頼んだ玉子やサラダともよく合います。

 

地元の方たちは新聞を読んだりしてゆったりとしていましたが、

私はトヨタ産業技術記念館に向かうバスに乗るため、

あわただしくお店を後にしました。

 

観光地をめぐるバス メ~グルは、とても便利です。

Dscn0982  

 

敷地内のバス停

Dscn0984_r1  

 

トヨタ産業技術記念館は、トヨタグループ発祥の地にあります。

レンガの建物の中に、繊維機械館と自動車館がありました。

Dscn0986  

 

 

繊維機械館

広い室内に、所狭しとさまざまな時代の機械が展示されています。

Dscn1007_r1  

 

相当数の機械が並ぶ中、

工業高校の生徒さんたちが課題を解きながら、

館内をくまなく見学していたのが印象に残りました。

 

Dscn1017  

機械によっては、実演も見せてもらえます。

 

自動車館

これからは自動車の時代だ!という気づきから、

織機から自動車にシフトしたそうです。

 

流線形へのこだわり

Dscn1035  

 

車の製造工程

Dscn1040  

 

おおっ、このパソコンは私が情報工学科に入学した時に買ってもらった

PC9801RX21ではありませんか!!

Dscn1041  

自動車の試験に使った計算機の展示コーナーで見かけました。

いや~、懐かしい。実に懐かしい。

あの頃は5インチフロッピーだったなぁ。

 

初めての名古屋、

あちこちに理工学系の香りが漂い、食事もおいしいとなれば、

ついつい笑みがもれるというものです。(^v^)

 

長くなったので、ノリタケの森とシロノワールは次の日記に書きます。

| | コメント (0)

2017年12月12日 (火)

初名古屋旅☆一日目(きしめん、天むす、名古屋コーチン)

趣味(フィギュアスケート観戦)と実益(いつかきっと・・・の案内の下見)を兼ねた

名古屋2泊3日一人旅をしてきました~。

 

私にとって、の名古屋観光です。

午前11時頃東京発の新幹線に乗りました。

 

♪たどりついたぜ な~ごや~

Dscn0961_2  

 

まずは、名古屋駅にて腹ごしらえです。

 

きしめんと天むす

Dscn0962_2  

天むすの食べ方が分からず、待っている間にスマホで検索。

一口でOKとのことでしたが、慣れないので二口で食べました。

 

相席大テーブルの目の前には、

「(宇野)しょーまくん」について熱く語る女性二人組がいました。

 

駅ビルのデパートのクリスマスツリーを見てから、

東海道線でスケート会場に向かいましょう。

 

飾りの密度が高くて豪華です。

Dscn0966  

Dscn0979_r1  

 

 

(寒い会場で過ごすこと約8時間)

 

 

名古屋駅に戻りました~。

体が冷え切っていたので、駅のラーメン屋さんに入りました。

 

名古屋コーチンのラーメン

Dscn0974_2  

いやー、温まる、温まる。

私は塩味を選びましたが、白湯スープも人気でした。

細麺も好みで、鶏肉もお腹にやさしい感じがしました。

 

矛盾するようですが、このラーメンに生ビールもつけて幸せなひととき。(^v^)

お店を出たら、スケート帰りの人々が並んでいました。

 

夜遅く、名古屋駅から徒歩圏内のホテルにチェックイン。

二日目、三日目は観光です。

 

(次は、トヨタ産業技術記念館、ノリタケの森)

| | コメント (0)

2017年12月11日 (月)

『グランプリファイナル 2017 AICHI/NAGOYA』(2017.12.7 日本ガイシホール)

フィギュアスケートのグランプリファイナルのチケットが当選し、

2泊3日で名古屋に行ってきました。

チケット取りは9月頃の抽選に応募したので、数か月がかりの計画です。

 

グランプリファイナルは、カナダや中国など、

世界各地で行われた大会で好成績を収めた選手が出場できる国際大会です。

 

会場の日本ガイシホール

Dscn0967  

 

私は一日のみ、

Jr.ペア、Jr.男子シングル、Jr.女子シングル、

氷上オープニングセレモニー(愛知県知事と名古屋市長のご挨拶)、

Sr.ペア、Sr.男子シングル、Sr.アイスダンス

という流れで、14:10~21:40頃まで全競技を観戦しました。

(各種目6組ずつ)

 

やはり直近の大会を勝ち抜いた選手ばかりなので、

どの種目もレベルが高くて驚くばかりです。

 

Jr.男子シングルのアレクセイ・クラスノジョン選手は、

コサックダンスのような衣装で、コロブチカを演技しました。

あまりにも素晴らしくて、スタンディングオベーションで称えました。

 

Jr.女子シングルは、6人中5人がロシアから出場、

残り1人は日本人の紀平梨花選手。

堂々としたもので、リンクを存分に使った見事な滑りでした。

 

種目が終わるごとに整氷休憩が入り、会場の外に出ることもできます。

 

街をあげての大歓迎、はち丸くんも来ていました。

写真撮影のみならず、握手までしてくれたのですよ~。

Dscn0972_r1  

 

風呂敷も重要アイテム。

Dscn0971_r1  

 

さて、競技に戻りましょう。お待ちかねのシニアが始まります。

 

Sr.ペアは、アクロバティックなジャンプなども見どころです。

ドイツから出場のペアが1位でした。

何もかもがきれいに決まっているなぁと感じました。

 

会場に貼られた滑走順

Img_20171207_151742  

 

続いて、Sr.男子シングルです。

 

ジェーソン・ブラウン選手は、テレビで見る通り優しそうな感じで、

その人柄を表すようなスケーティングでした。

 

今回、生観戦を楽しみにしていたセルゲイ・ボロノフ選手も登場しました。

オペラグラス越しに、イケメンであることを確認。

 

地元名古屋出身の宇野昌磨選手は、なめらか~に滑るのが印象的でした。

トリプルアクセル後の突然の転倒には、会場が?何が起きた?という空気になり、

すぐに大きな拍手で応援しました。

 

ネーサン・チェン選手の生4回転も拝めました。

多少軸が傾いても着氷してしまう様子はスゴイの一言です。

勝ちたいオーラも強く感じられたなぁ・・・。

 

だんだん私も疲れが出てきましたが、

この日最後のアイスダンスも観ていきましょう。

 

アイスダンスというと、男女2人が静かな音楽に合わせるのかと思いきや、

ラテンのリズムに乗って、テンポよくクルクルと踊るのでびっくりしました。

しかも、美男美女で身長も高め、オペラグラスが手放せなくなりました。

 

努力を積み重ねてきた選手たちに大きな拍手を送り、

あるときは手拍子、あるときはスタンディングオベーションをすることで

爽快な気分になります。

 

今回活躍した選手の多くは平昌オリンピックにも出場することでしょう。

またテレビ観戦の楽しみが増えました。

 

キス&クライのレプリカが名古屋駅に出現!

お客さんがここに座って記念撮影していました。

Dscn0976  

 

(名古屋観光、名古屋めしについては別記事に数回に分けて掲載します)

| | コメント (2)

2017年12月 7日 (木)

2018年はフルーツいっぱいのミッフィー手帳

月日は矢のように過ぎ去り、12月も一週間経ちました。

10月の大雨の中、(雨で面倒くさかったが売り切れたら困るので)

急いで買いに行った来年の手帳にも、予定を記入する機会が増えています。

 

今年のピアノは順調に演奏機会を得られたのですが、

2018年はもう少しガイドの仕事を増やしたいですね。(^^ゞ

 

と、その前に、趣味と実益を兼ねて出かけてきます。

どんな旅になるでしょうか? レポートをどうぞお楽しみに。

Img_20171205_181242_r12  

| | コメント (2)

2017年12月 4日 (月)

子供の情景

今日は月に一度の病院でのピアノ演奏でした。

一年間待っていたクリスマスの音楽の出番です。

 

ヨーロッパのクリスマスをイメージした選曲の流れで、

久しぶりにシューマン(ドイツ)の曲集「子供の情景(Kinderszenen)」より、

『異国から』と『トロイメライ』を演奏しました。

ヨーロッパの香りのする曲たちです。

 

そういえば、子供の頃に

シューマンの楽譜に書いてあるドイツ語を読みたくて

いつか習おうと決めたなぁ・・・などと思い出しました。

(三つ子の魂百まで?)

 

音楽が私の語学の原点

来年もドイツ語一筋でがんばります。

| | コメント (0)

«『BEST HIT ALFEE 2017 秋フェスタ』(2017.11.4 東京国際フォーラム)