2017年9月15日 (金)

国際航空運賃、そして夏休み

9月も残り少なくなりました。台風の行方も気になるところです。

 

今日は、旅行の試験に向けた研修として”国際航空運賃”について習いました。

テキストを読んで1.5ページで挫折したのですが

実際に先生の話を聞きながら、順を追って問題を解いてみると、

おおよそのアルゴリズムがつかめてきました。

繰り返して正確に問題を解く練習をする必要がありそうです。

 

旅行業界用語もたくさん登場しましたよ~。

都市や空港の3レターコード(例:東京TYO、成田NRT、羽田HND)や、

航空会社の2レターコード(例:JL,NH)などなど、覚えることがたくさんです。

 

今週はたくさん旅行した気分です。(ヘトヘト -_-)

 

これでようやく夏休みを迎えることができます。

(ULに乗って、CMBに行ってきます)

 

ブログもお休みをいただき、9/24頃再開予定です。

また、コメント欄は承認制とさせていただきますので

コメント投稿後、すぐに表示されませんがご了承ください。

 

それではまた!

| | コメント (0)

2017年9月12日 (火)

世界は広い!

10月に旅行の試験を受ける予定です。

8月に約款の研修を受け、今週は海外に関する研修を受けました。

 

入出国の法令や時差の計算等、実務に関わるいくつかの科目があり、

一番苦手と感じた海外観光地理について書きたいと思います。

 

この研修の前には、

「海外旅行もしているし、そこそこ出来るかな~?」

・・・と、他の科目よりも甘く見ていたら、

いやはや、知っている国と知らない国のムラが大きすぎて

これからしっかり勉強しないといけないことが分かりました。

 

たしかに、訪問した国についてはサクサク答えられるのですが、

まだ見ぬ国のことは、類推もききませんでした。

 

出題頻度の高そうな、

韓国、イギリス、イタリア、スペインには行ったことがなく・・・。

大きな中国も、香港、マカオ、深圳(シンセン)を旅したのみです。

 

美術の知識も浅いので、イタリアやスペインの美術館については

これから頭の中を整理していかなくては・・・。

 

そんな訳で、背中から冷や汗をかく研修となりました。

でも、講師は添乗員として世界を飛び回った方だったので

話術も素晴らしく、研修自体はとても面白かったです。

 

ドイツ語を勉強していると忘れがちだけれど、世界は広い!

まずは旅行パンフレットを見て

イメージをふくらませようかなぁと思っているところです。

| | コメント (0)

2017年9月10日 (日)

同窓会

土曜日の午後、大学と会社つながりの集まりに参加しました。

どちらもバリバリの技術系!

 

20年以上前に始まった年に一度の会、

今は20代~70代まで、さまざまな年代と話すよい機会となっています。

・・・と言いながら、私もピアノの発表会と重なったりして

数年ぶりに行くこととなりました。

 

20人以上の参加者があり、全員が自己紹介と近況報告をします。

 

定年退職された方の中には、

古希を迎えても最先端技術の職に就いている方、

還暦後に博物館の勉強をして、

科学技術を伝えるボランティアとして活躍している方、

人生の先輩方が生き生きとしている様子を拝見し、

私も明るい気持ちになりました。

 

やりたいことがはっきりしていて、楽しく学ぶ・・・という雰囲気は

私が学生時代の頃とあまり変わっていないように感じます。

 

情報工学科出身の私の自己紹介では、

ピアノをドイツ語を続けていること、

ドイツ語学習でもっとも役に立った経験はプログラミング、

とりわけ(間違いを見つけて修正する)デバッグであること、

などを話しました。

 

次に参加する時にはどんな報告ができるか、

未来の自分をちょっと想像してみたりしました。

この会がずっと続きますように・・・。(^-^)

| | コメント (0)

2017年9月 7日 (木)

『Takamiy 真夏の夜の夢 2017 --Night of Pacifico--』(2017.9.3 パシフィコ横浜)

みなとみらいを満喫した後は、パシフィコ横浜にて

THE ALFEEの高見沢さんソロコンサートです。

今回は1階席下手側、いつものコンサート仲間3人での参加でした。

 

ソロコンサートといっても、ギタリストが加わって厚みのあるサウンドになります。

Special Guest Playerの鳥山雄司さんは、15年ぐらい前でしょうかねぇ、

cobaさんのコンサートにゲスト出演した際に、

とてもおだやかな曲を演奏するのを聴いたことがあります。

しかし、このステージでは、ヘビメタもバリバリ弾いていたのでとても驚きました。

 

キラキラした衣装を着た高見沢さんは、ステージの中央に立ち、大熱演!

ヘビメタではスカッとした気持ちになりましたよ~。

 

ほぉ、と思ったのは、歌手 藤田恵美さんに提供した「東京ロンリー・ナイト」。

神楽坂を舞台にした歌謡曲風楽曲で、

外国人を案内した時のことを思い出しながら聴きました。

 

コンサートの曲目のうち、

1991年と2007年に発売されたソロアルバムの曲はよく知っていたので

その頃は、CDを聴く余裕があったのかもしれません。

今はピアノとドイツ語の課題をこなすのに精一杯で、

音楽をゆったり楽しめていませんが、パワーチャージのためにも

また生演奏を聴きに行きたいです。

 

ところで、先日高見沢さんは髙見澤俊彦名義で作家デビューしました。

そのこともコンサートで言及し、

「まだ先生と呼ぶのは早い。一話しか書いていないし・・・。

 今は書くのが楽しくて仕方がない。でもそれはアマチュアかなぁ」

といった内容でした。

 

私もデビュー作が載った”オール讀物 9月号”を買って読みました。

髙見澤さんは新しい表現方法が増えたことを素直に喜び、

また、新人として謙虚な姿勢でいることもよく伝わってきました。

作家活動が成功し、仕事として辛く感じるその日を待つことにしましょう。(^-^)

 

さてさて、そうこうするうちにTHE ALFEEの秋のツアーが始まります。

いつも楽しみを与えてくれるTakamiy、そしてTHE ALFEEに感謝です☆

| | コメント (0)

2017年9月 5日 (火)

CUPNOODLES MUSEUM

9月3日の日曜日は、みなとみらいにあるパシフィコ横浜にて

THE ALFEEの高見沢さんのソロコンサートがありました。

 

せっかくなので早めに行って、

ホール近くにあるカップヌードルの博物館を訪ねましたよ~。

 

CUPNOODLES MUSEUM

 

シックな外観

Img_20170903_1252002  

家族連れが多かったです。

 

日本のみならず、世界のカップヌードルのパッケージが展示されていて

ドイツを探して撮影しました。

Img_20170903_130248_r12  

 

チキンラーメン、そしてカップヌードルを発明した

安藤百福氏の研究小屋が再現されています。

Img_20170903_132822  

この大きさの台所でインスタントラーメンについて研究したそうです。

外の棚に干してあるのは麺です。

 

世界の偉人と安藤百福氏

Img_20170903_134256_2  

キュリー夫人、アインシュタイン、ファーブル、ベートーヴェンなど

時代も国もさまざまです。

カップヌードルの横に立って記念撮影する人が多かったです。

 

このミュージアムの名物アトラクション、

マイカップヌードルファクトリーにも参加しました。(有料:300円)

 

カップヌードルの容器にを描き、麺を入れたのち、

好みのスープ、4種類の具をのせてもらいます。

おなじみのフタをして、ビニールで包装する過程も見られました。

 

このお絵描きの工程、やってみて分かりましたが、大人が熱くなるのです!

 

アルフィーファン向け

Img_20170904_201706_r1  

文字の下に空間ができたので、船を描き加えました。

コンサート会場でのファンの感想:「なぜ、トシフィコ横浜と書かない?」

 

インスタントラーメンファン向け

Img_20170904_201726_r1_2  

チキンラーメンのひよことチリトマトです。

絵に合わせ、スープはチリトマト味を選びました。

具は・・・、エビ、ネギ、インゲン、コーンだったかな?

 

Creative Thinkingをテーマにした体験型ミュージアム。

入館直後は、導線が分かりづらくてまごまごしましたが、

コンセプトを理解し始めると、どの展示も楽しめました。

後日、オリジナルカップラーメンを味見することにします。

 

ミュージアムからの眺め。きれいな空でした。

Img_20170903_140906_r1_2  

| | コメント (2)

«芸術の秋は、リヒャルト・シュトラウスから。